理想の鉢合わせ。ウェディングしたいと見える人間に出会えた果報を教えます。

我々は35歳になる5年齢のお子さんのシングルマザーだ。恋人と出会ったのは4階級昔、当時から大マニアだったミュージシャンの事で、マニアが募るヲタ会のに初めて参加したまま出会いました。初対面はなかなか賢く話せなく、人見知りしてしまう本性なので、なかなか自分から打ち明けづらかったのですが、ヲタ会後のカラオケをめぐって同調しました。その日はまた出会えるといいねぐらいで終了したのですが、帰ってから傍らづたいでラインの交換をし、そうしたら常々恋人と電話で話すようになりました。
両者そのときから惹かれあって、初めて水入らずで逢うことになりました。両者付き合うなどと口にはしませんでしたが、会った途端からもう恋は始まっていました。
恋人は独り身、我々は罰でしたが、恋人はそんなことも気にせず、しばらくしてお子さんも交えて巡り合うようになりました。大好きなミュージシャンのコンサートにも一緒に参戦して、私の理想は自分の好きな物事を一緒に共感して」楽しんで得る人だったので、その欲望が叶ってとても幸せです。現在はバツ1でなかなか次のブライダルに踏み出せないである私ではいますが、そういった私でも恋人はずっとそばにいてくれています。いつでも思ってくれている事がよくわかります。翌年程度ブライダルを考えています。面接官「特技は戸建ての悩みとありますが?」